マネー

安全資産について初心者でも分かりやすく解説

  1. ホーム
  2. 安全と呼ばれている資産

安全と呼ばれている資産

マネー

失われることが無い資産

資産は紙幣や宝石、不動産など様々なものがありますが、それらの中で喪失するリスクが少ないものを安全資産と呼びます。一番わかりやすい安全資産は日本円となっており、世界中の資産家が日本円で資産を保有するようにしているのです。日本国内でもほとんどの人が預貯金などの日本円という形で資産を保有しています。なぜ日本円が安全資産と呼ばれているのかというと、日本が安全な国だからといえるのです。クーデターや戦争などの心配が薄く、日本円が紙切れになってしまうリスクがとても薄いので安全資産とされています。この安全資産を活用することで資産運用はリスクを大きく減らすことが出来るのです。不動産や土地、貴金属など多くの価値の高いものがこの世にありますが、みんな日本円で所有しているのはこのためといえます。ただ、日本には税金というものが存在し、日本円という形で持っているとどんどん税金で持っていかれる仕組みになっているのです。それでも日本円は安全資産として確立されているので、それだけクーデターなどで紙幣が無意味になるリスクは大きなものとなっているのでしょう。株券や国債も安全資産とされることがありますが、やはり日本円ほどの信頼性はありません。安全資産としての地位を確かなものにしているのは日本円なので、資産運用のリスクをなくしたいならば預貯金するのが一番です。一定額を日本円で保有するように活用するのが、一番メリットを享受することが出来るでしょう。